« 左近ふたたび | トップページ | 眠れない夜の始まり(ドイツ-コスタリカ) »

2006年6月10日 (土)

監督受難の年?

昨日のことですが(もうおとといか)、磐田と湘南で相次いで監督の辞任が発表されました。

# くしくも両者アテネ代表監督ですな。

これで開幕時のJ1・J2監督31人のうち6人が早くもピッチを去りました。
まだシーズンを半分も消化していないのにちょっと多いような。
札幌の柳下監督あたりもちと首筋が寒いか。

# 「冗談ジャナイヨ!」な人は俺の予想を裏切って健闘中(笑)。

磐田はナビスコで勝ち進んでいたからともかくとして、広島&福岡あたりは動きがちと遅いような。
中断期間の前半を棒に振ってるよなぁ。

福岡の場合は早い遅いよりもそもそも監督交代に「?」ですけど。
点の獲れるFW補強のほうが大事だったんではないかなぁ。
それなりに機能していた組織的守備まで崩壊なんてことにならなければいいですが。

|

« 左近ふたたび | トップページ | 眠れない夜の始まり(ドイツ-コスタリカ) »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173518/10460424

この記事へのトラックバック一覧です: 監督受難の年?:

« 左近ふたたび | トップページ | 眠れない夜の始まり(ドイツ-コスタリカ) »