« 第4回 | トップページ | 繰上げ? »

2007年7月29日 (日)

午後の読書

今日は夕立もありそうってことで、近場でコーヒー飲みつつ読書。
今日はこんなのにしてみました。

まもなく宇宙人が到着します

えーマジでー?
ちょー楽しみー♪

こんな電波ゆんゆんな本がそこそこデカい本屋にあるってのは平和と言うかなんと言うか。(^^;

「イルミナティ」「フリーエネルギー」「マイナスイオン」(まだこんなこと言う人いるのか...)と面白ワード満載。
ちょっと詰め込みすぎな気もするけど。

それより何より文章が読みづらいことこの上なく、何度読んでも文意が理解できません。
自分の日本語読解能力に自信がなくなります。(^^;

構成がゴチャゴチャで本文だかコラムなんだかさっぱりわからず、さらに文そのものも何を言いたいのかさっぱりです。

(P.63 から引用)
地球は、もう昔のように、風も、雨も、雪も降らせることができなくなりました。
地球の悲鳴が宇宙の存在達には聞こえます。
地球と人類を救わなければいけないと思っているのです。
小さな地震やハリケーンでは間に合いません。
地球の命はあと数年です。

(ここまで引用)

これ何言ってるかわかりますか、あなた。(^^;
「何が」「何に」間に合わないんだ...???

(P.42 から引用)
ケネディ大統領はアポロ計画で、月には宇宙人の基地があって、宇宙人がもうすでにそこで活動してるっていうのを知って、それを全部公表しようとしたから、殺されちゃったでしょ。
(ここまで引用)

「でしょ」って言われてもな...もう結論出ちゃってるのかよ!(笑)

「ちょっとヒマつぶしに読もうかなー」とか思っちゃった俺がバカでした。
すっげー疲れた。(^^;

手元に置いといて笑う(ぉぃ)用途にも使いづらいな。
これも盆休みに甥っ子にやる...わけにもいきますまいな。(^^;

|

« 第4回 | トップページ | 繰上げ? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「未来人ジョン・タイターの大予言」は面白かったすよ。
完璧な妄想世界の設定を持った電波系が書いたにしても、矛盾点が少なくてなかなか凄いです。

投稿: 大学の後輩@三菱サポ | 2007年7月29日 (日) 23時42分

中身が電波でも辻褄があってりゃ面白いんだけどね。
ジョン・タイター探してみるわ。

投稿: procyon | 2007年7月30日 (月) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173518/15939579

この記事へのトラックバック一覧です: 午後の読書:

« 第4回 | トップページ | 繰上げ? »