« 一粒で二度おいしい? | トップページ | 裏を返すと »

2010年1月19日 (火)

お作法

どうも動画変換周りがうまくない Win 7 のPCですが、あっさり解決。

結論から言うと「何でもかんでも Program Files に放り込むんじゃない!」ってことですな。
なんとなく習慣化しちゃってました。(^^;

そのアプリが Program Files 以下に設定ファイルを書いてたりすると、実際には別フォルダに置かれることになると。
レジストリの更新なども HKLM/Software 以下なんかは要注意。

ま、面倒と言えば面倒ですが、正しい姿と言えましょう。

Vista / 7 での AviUtl や携帯動画変換君の使い方をググってみると、「管理者権限で使う」「UAC を切る」なんてのがチラホラ見つかります。
ま、もちろんそれで使えるんだけど、セキュリティ的には嬉しくないですわね。

「自分だけが使うのに、なぜ普段から管理者権限じゃいかんのか?」と思う人は多いかもしれませんね。
UNIXy なOSに触ったことがあるかどうかもこの辺の意識には影響しそう。

|

« 一粒で二度おいしい? | トップページ | 裏を返すと »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173518/47339025

この記事へのトラックバック一覧です: お作法:

« 一粒で二度おいしい? | トップページ | 裏を返すと »