« 咲いた♪ 咲いた♪ | トップページ | 2位 »

2010年4月25日 (日)

似て非なるもの

折り返しを過ぎて佳境に入ってきた蒼穹の昴@NHK。
原作(蒼穹の昴珍妃の井戸)も読みました。

豪華な衣装と調度は毎度楽しみにしています(金かかってそうですねぇ...)。
ドラマと原作で人物の相関とか筋が結構違いますが、「ま、そういうもんよね」と思っています。
another story として楽しめばよいのではないでしょうか。
中国人の眼から見て清末がどう描かれるのかを感じるのもまた良いかと。

# ま、このへん原作に思い入れがあるかどうかでまた意見が分かれそうなところですね。
# 俺はドラマが先なもんでそれほどでも。

んが、ここ2回(#13・#14)の放送分を観てちょっとしょんぼり。

日清戦争の敗戦も、下関条約での領土割譲も、全部李鴻章だけが悪いのかよ!

悪いだけならともかく、名前以外登場すらしないっていう...。
ここで出てこないなら、もう最後まで出てこないんでしょうねぇ。orz
原作でのプレジデント・リー、非常にカッコよくて大好きなんですが。
今後もあるであろう数々の見せ場はばっさりカット?

これはアレですか、現代中国では李鴻章は「悪人と見做されるべき人物」ということなんでしょうか。
それを言い出すと西太后なんかは単純に悪女扱いになりそうなもんですが、こちらはそうでもないんですよねぇ。

それほど思い入れがないと言いつつも、ちょっと不満!
作品にはなくても人物にはあるといったところか。(^^;

ああ、なんかいろいろ出てきた!(ぉぃ)

  • 文秀の生い立ちがバッサリ(ただのいい子ちゃんみたいじゃん)
  • 春児と蘭琴の出会いもバッサリ
  • 岡が会津出身ってのは重要なファクターじゃないの?
  • トムは冴えないハゲ中年じゃなきゃやだ!!(ぉぃ)
  • 珍妃、聡明かぁ?(あの口答えはあまり賢くないぞ...)

まあ史実が元なんで大きい逸脱はないと思いますが。

|

« 咲いた♪ 咲いた♪ | トップページ | 2位 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173518/48183645

この記事へのトラックバック一覧です: 似て非なるもの:

« 咲いた♪ 咲いた♪ | トップページ | 2位 »