« だーびー | トップページ | 勝つには勝った »

2011年7月 3日 (日)

ドナドナ

先週のニュースですが。

「ペンタックスのマウントは強い資産だ」──リコー、買収でカメラ事業に注力

PENTAX のドナドナ決定~。

ま、ユーザーとしては喜ぶべきなのか悲しむべきなのかはまだ何とも言いがたいですけど。
少なくともブランドは(当面は)残るわけですし、いたずらに悲観することもないかと。
リコーと被ってる製品もあまり無いですしね。

# リコーが「デジカメやーめた」となったらお先真暗かもしれませんが。(^^;

HOYA は結局欲しいところだけ取って後は売却ということで、いらない子扱いされるくらいなら「カメラを作る」と言っているリコーに買われた方が幸せなのかもしれません。

# まあ経営的な判断としては当然「アリ」なんでしょうけど、あからさまじゃのう>HOYA

しかし1社で3種類のマウントを抱えるってのはどうなんでしょうなぁ。
645 は別格としても、2種類でも両方を成功させるってのは簡単じゃない気がします。
ソニーも両マウントで存在感バリバリとは言いがたいし、オリンパスなんかはフォーサーズの方はやる気があるんだか無いんだか...。

は面白いとは思うんだけど、システムと呼べるところまで育てられるかどうか...。
なんとか続けていって欲しいです。

Kマウントはいきなり死んだりはしないでしょうけど、こちらもどうなりますか...。
リコーもかつてはKマウント機を作ってたけど、当時の技術者はもう無関係でしょうなぁ...。

|

« だーびー | トップページ | 勝つには勝った »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173518/52114380

この記事へのトラックバック一覧です: ドナドナ:

« だーびー | トップページ | 勝つには勝った »